メールでのお問い合わせはこちら

2014年 1月 24日

会社名の決め方の留意点

2014年 1月 24日

会社名を考える場合に、まず同一住所での同一の商号(会社名)は会社法で認められていませんので、ビルやマンションに入居する場合などは、同じ会社名の会社がないか事前に確認しておく必要があります。商号調査は法務局で行うことができます。東京法務局管内などでは、コンピュータが置いてありますから会社名を検索することができます。

会社名のつけ方としては、「株式会社〇〇」「〇〇合同会社」など、会社の種類を表す文字を商号の頭か末尾に入れることが法的に決められています。〇〇の部分は、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、アラビア数字、「&」「’」「,」「-」「.」「・」など指定された符号を使うことができます。すなわち、英語やフランス語をそのまま会社名にすることができるようになりました。

文字数に制限はありませんが、短いほうが人に覚えてもらいやすいし、事務処理的にも何かと便利なんじゃないでしょうか。  なお、目立つためとかで「株式会社〇〇警察署」「文部科学省合同会社」などのように行政機関名に類似させたり、銀行でもないのに「〇〇銀行株式会社」と名乗る。あるいは、差別用語・性的な用語など公序良俗に反するものは法律で禁止されていますので避けましょう。

会社名は企業イメージを決定する非常に重要なものです。次の観点から考えてみることをお勧めします。

●簡潔で覚えやすく、親しみやすいものにする

●サービスを表す名前や看板商品の名前を用いる

●事業内容を表す(「〇〇コンサルタント」「〇〇保険」など)

●創業者の名前を用いる

●会社所在地の地名を用いる

実績紹介

設立までの流れ

大田区・品川区・川崎市を中心にお客様をサポートしております。東京都・神奈川まで対応しております。ご気軽にご相談ください。

会計情報サイト

相互リンク